2014年08月26日

子供を信じてみる 不登校は良い機会

普段は当たり前に 学校に行き

ちょっと 不満を吐き出し

それでも 学校へ行ってくる


ちょっとの不満が 誰でもあることと

反抗期だから そんな 年頃ぐらいで すんでしまう


平穏で何事も無いから

子供を信じるということに 何も抵抗は感じない

信じることが当たり前だから

すでに 信じているはず


でも


いざ 不登校のような 行動で示されると 


親は あわててしまう

なぜ どうして 何があった

何が悪い と


確かに 何かが合ったのでしょう

学校へ行きたくないとなったのですから


親は 不安で 不安で仕方がない

考えてみれば


保育園 幼稚園 小学校と

子供は 幼いときから 親元を離れ

先生や お友達と 生活しているわけで


徐々に自我が出来上がっているわけで

親の保護の元に生活しているとは言え

それなりに もまれ 考えを持っているわけで

それぞれ おかれた場所で

どう居場所をもつか戦っていたはず


だから 考える時間と

戦ってきた 我が子を信じて みる

いい機会じゃないかと

私は思うようになった


早く 学校へ戻らないと 勉強も遅れる

友達にも 置いてかれる

そんな 心配がめぐる


その考えが もっと 

子供の立ち直りを遅らせると思う


先生が迎えに来て 無理やり 登校した日

お父さんが 付き添い 無理やり 登校した日

私が付き添い 無理やり 登校した日


この 葛藤は 必要なのだろうが

今 思うと 子供に 悪いことをしたなと思う


だが


これも経験の上での 話になる

あのときが合って 今があるのだろうから

でも 子供を信じ 休ませてあげれば 良かったと

今は思う あんなに泣かせる日々はいらなかったと





posted by えんじ at 19:49| 今日のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

思いを吐き出す日記を書こう

私は うじうじといつまでも考えてしまうタイプで


同じ事を繰り返し 心配してしまう

そう 考えていること こそ 一番良くない

子供に対しても良くないし

自分のストレスになる


けれど なにも解決にはならない

そもそも 悩みはつのるばかり

ならば いっそ 吐き出す!!!!


同じ悩みをもつ 人に読んでもらうブログでもいいい

ノートを買いに行き 書きやすいペンを買い

思いの丈を書く


これが結構 すっきりするんです


ついでにその日あった いい事を書いて終わる


良いことなんて 毎日ないと思うかもしれないが


何事もなく 過ぎたとしても それはすごく

幸せなことなのだと 私は思う



今日も無事 一日が過ぎたことに感謝です





posted by えんじ at 15:09| 今日のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

次男がやっと自分に自信が持てるようになったようです

2年くらい前に話の中に出てきた事ですみません

次男と幼い頃の話をしていたときに


自分もようやく お客さんとかの雑談の中で不登校だった頃の
話が出来るようになった」と話してくれたことがありました

これは親にとって 何よりうれしい言葉でした

その時 私は息子が気持ちの上での独り立ちが出来たかなと感じました


小さな会社ではありますが 役に立ち 仕事を任され

しんどいと言いながらも がんばってきた 証


自分で築いた 自信だと思いました



12・13歳の頃に自信を無くし誰も信じられなくなった頃から 25歳くらいまで約13年

葛藤を繰り返して 得た自信なのでしょう 

本人は気づいていないかも知れませんが

すごいことだと 私は思いました 心から褒めてあげました


親ばかと言われようが いいんです

私にとってはすごいことなので  


今年2月から 彼女さんと同棲をはじめて

たまに帰ってきますが 楽しくやっているようです

彼女さんの家とも交流があるらしく

上手くやっているようで 今は一安心




一流大学をでたなどの学歴もありません

大手の企業に就職できたわけでもありません


それでも 自分の出来る範囲で 幸せで居られるなら

それでいいのです


いつも笑っていてくれるのが

苦しいときに苦しいながらも切り抜けることが出来れば

それでいいのです







posted by えんじ at 16:03| Comment(0) | 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

春休みですね 少しホッとして また不安

春休み 長いようであっという間に終わってしまう

新学期が始まり 気持ち新たに登校できるのではないかと


担任の先生方がクラス編成や席替えに気を配る

登校させるためにあれこれ お骨おり下さる


が 

私たち親子には 気が重かった

次男の場合も娘の場合も中学3年間

担任の先生は変わりなし


次男の場合は 校内に 担任の先生以上の先生は

校長先生しか信用できる先生がいなかった


娘の場合は どの先生も信用できなかった


担任が変わらないメリットは

いちいち これまでの過程を説明しなくて良いこと


デメリットは 大きな変化は望めない


私たち親子は大きな変化は望んでいなく

そっとして置いて欲しかったので 良かったのかもしれない


最後は 親子の信頼関係が大事だと思う

どうか どうか ゆっくり 時間をかけてお子さんと話をしてみてください

けして 焦る必要などないと思います

永い 永い 人生の中の数年の時

立ち止まっても 何にも遅れることはないと

経験上感じています

何度でも 何度でも やり直せるので


けして 焦る必要などありません






posted by えんじ at 00:53| 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

次男の独立 アパートを借りました


現在 27歳になる 次男君

毎年 今年こそは家を出ると言いながら

なかなか 実現しなかった 一人暮らし

彼女が出来て 結婚を考えて

相手の家に挨拶に行き

交際を認めてもらった

次男だから家を継がず 親も看ないで済むと

相手の親御さんも安心したようだ

相手は三人妹弟の長女

何かと親は頼りにしてきたのだろうと思う

とにかく 次男には 早く家を出ないと

「先のご両親が信用しないよ」と言った


なぜか 準備を始めないから

ついに彼女さんが部屋を決めてきた

先週から暮らし始めてる 次男君


家にいる時も 週に2日は泊まりに来てから

彼女さんが一緒なのでしょう


こちらは籍を入れてもかまわないのに

結婚式にこだわっているようだ


若いふたり 良く考えていいようにしたらいい

なんとか暮らしてるようで

まずは 就職が出来て 一歩

家を出て また 一歩


次は結婚ですね



次男君 自分の中で納得がいくまで

時間がかかり こちらのアドバイスは聞くが

自分の中で納得が出来ないと行動にでない

歩みは遅いが 中学全欠 定時制高校が最終学歴

それでも ちゃんと生きていける

大丈夫 大丈夫

後は自分が望む未来をかなえていけばいい





日常の問題解決に導くサイト
ビーアールポイント情報の分岐点 ↓

http://brpoint.info/


posted by えんじ at 17:51| 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。