2015年01月27日

子供の前での親の態度を考えてみた

子供の前での親のあり方 態度を

よく 考えてました


子供の前で けんかしないとか

父親の悪いところを影で言わないとか

兄弟のえこひいきはしないとか


自分なりに気をつけていた気がします


もちろん いつもニコニコ

仲良し夫婦が子供には最高でしょうが


そうも行かないのが現実で

ちょっと気分が悪いと話さないとか


態度がそっけなくなるもので

子供はそんな些細なところも

ちゃんと解っていて

見ているんです


でも 人間ですから いつもはいはいと

言うわけにもいかず つい

そっけない態度が出てしまいます



あまり 気にせず 話し合い

話し合いがエスカレートして

ちょっと と言う事があってもいいのかも

ただ 子供の方へ 話を振らないことです


自分のせいで両親がけんかになったと

子供は思いますから

不自然に仲良しをしているより

話あうことは 大事ですね











posted by えんじ at 18:44| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

パート先の話 なんとなく疲れて

責任者の方が お休みをしていて

パートさんだけで がんばってる ここ数日


土日返上で 出勤

人手は足りてるのに 気ぜわしい感じ

なんか すごく 疲れる


上司がいないわけだから 

気分的に楽なのだけど

そこかな

気が張っていないから

逆に疲れるのかな


でも こんな機会は滅多にないので

和気藹々とした 雰囲気でいい感じ


あと数日 楽しく 働こう





posted by えんじ at 14:00| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

若くいたいと思わないのお母さんと娘が言いました

なんと 今の私 白髪もそのまま
       
美容院も行っていないので 髪は一本にしばったまま

化粧はもともと しないのです


この2年で かなりやせたので 

やつれ感 半端ないです


前のブログでお父さんが働いていないことを書きました

なので 一円も余裕がありません

それを見かねた 娘がいろいろ手伝ってくれます


文句を言いながらも 手伝ってくれることに

とても 感謝です


でも

子供にしみたら 親はいつまでも

若々しく 元気でいて欲しいものでしょう


今の私は 工場勤務で服装に

うるさく言う人も居ないので

同じパターンの繰り返しです


ほんとは 自分のためにも良くないのでしょうね

もっと内面も外面も自分磨きに

努力しないといけないですね





posted by えんじ at 17:59| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

今日はがんばった たんたんとこなせばと自分に言い聞かせ

今日は 私にとって この1年間の締めくくりの日

地域の行事の大役を務める日

いやで いやでしょうがなかった


今日 一日 7時間我慢すれば 終わる

たんたんと7時間我慢すればと

自分に言い聞かせ がんばった

よく 案ずるより 生むが安し と言います

本当にそう思うことがあります


そう思うようにして 今日はがんばった


多少の 不備はあったがなんとか終わった

気難しい ご意見番の ご機嫌も損ねず

なんとか 終わった


疲れた ほんと疲れた

当たり前のことを当たり前にすればいいだけ

それなのに疲れた


きっと 周りを気にしすぎる 自分が居るから

そんなに 周りは見てないのに



子供たちだって こんな日はあるだろう

子供たちなりに 耐える日が


今日はがんばった!!!!






posted by えんじ at 19:16| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

大人だって嫌なことや苦手な人がいる

大人だから 我慢しないと と思うが

嫌な行事や苦手な人は居るはず


私もそのひとり

あさっての日曜はその苦手な行事と

苦手な人に会わなくては行けない


嫌だなあと 思うからいけないと思うが

嫌だなあと思う 気持ちはぬぐえない


大人だって 嫌なものはいや

でもこなさなければいけないのよね

一年間のうちの 一日

一日のうちの 7時間ほど

我慢すればいいのだと 言い聞かせている自分

いやだと思っていると失敗もする

淡々とこなせばいいのだと言い聞かせる


こう書くと どれだけいやなことなんだろうと

思うかもしれませんが


大人だっていやなものはいやなのです

でも心に言い聞かせて こなす


だから子供には

大人になったら もっといやなことがあっても

逃げられないのよ なんて言ってしまったりする


でも ほんとは 子供の気持ちもわかってる

わかってるけど 認めちゃうと 子供が

甘えちゃう気がして 強く出てしまう 大人

それでは 何も解決にはならない



素直にわかってあげていいんだなと 私は思った




posted by えんじ at 16:41| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

また ひとつ 縁ができたようです

パート先で

新しく バイトさんが入りました

16歳の女の子

事情があって 高校へ行っていないとの事


働いてみようと 思ったのだなと

うれしい事と 思いました


店長さんが 明るい子の様だけど 

お店にはむかないかな と言っていたので

恥ずかしがり屋さん かなと思っていましたが


仕事は 私の部署に 来たので

ちょうと ドキドキでした


心配は 何もなく 

ちゃんと挨拶も出来るし

仕事もてきぱきこなすし

やる気 十分で

がんばってくれそうな


ただ 仕事自体を 好むか どうかと言う問題

私も 少々緊張気味です


でも 幸いにも この職場は

皆 優しく 明るい人たちなので


彼女のまた ひとつ良き居場所になれたら

いいなと 思います


これも また 縁なのでしょう








posted by えんじ at 10:00| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

久々に親友がやってきた

高校の時に知り合った

無二の親友が突然やってきた

いつも 突然なんだけど

この人だけは 家族も公認

子供たちにとっては 親戚並みの存在

彼女も苦労人

やはり 苦労が増していた

だんなさんの筋無力症 舅のがん 義弟の脳腫瘍

一体 どうなっているのか

彼女には夢があって それを現実にすることを

常に考えながら 居なかったら

身がもたないと言っていた

私も微力ながら その夢のお手伝いがしたい

出来るように 今 行動に移さねば



posted by えんじ at 19:03| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

久々のパートが休み 

お彼岸で 予想以上にお饅頭が売れたようで

予定変更で 毎日お饅頭作りでした

昨日は久々に 大福作り

紫芋の餡と 抹茶 両方ともクリーム大福

クリームと餡を餅の生地が包んで

出てくる 可愛い 大福



こんな感じの大福なんです 生地にも抹茶が入るんです



土日連休は 一ヶ月ぶりくらい

ゆっくりしたいです


でも 天気が良いので

洗濯や布団干しと どんどん時間が過ぎる


たまった録画も見ないと

やりたいこともあるけど

結局 家事で終わる 一日かな



posted by えんじ at 20:00| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

久々に娘と銀座に行きました

姑が他界して まもなく1年

パートを始めて ずっとがんばってきて


久々の遊んできたなと言う感じです

娘と主人と3人で 銀座で食事して

娘の買い物に付き合ってきました


アップルの店の前には

本当に順番とりで並んでいる人が居て

インタビューとかうけてまいたね


店を出ると 

「めざましテレビですが 」とアンケートを求められ

びっくり

「あっ いいです」と断わると

娘が 

「どんなアンケートか知りたかったわ」 と

テレビに映るわけじゃないから 良かったのよね

なんか ドキドキした


ソニーへ行って

カメラやパソコン スマホ と気になるものを見て


uggへ

ネットでは売り切れた新作のブーツが有り

娘が購入 若さならではだなあと関心

私もやがて 自分の自由なお金が出来たら

履いてみたいなと思う


私は 仕事柄(和菓子工場で働く)

やはり 銀座あけぼの の おはぎが気になり

6個 1260円を購入 (こしあん つぶあん きなこ ごま)

お彼岸が近いこともあり 

女性客で狭い店はごった返し

甘さひかえめ 上品なお味 結構大きいのにびっくり

美味しかったです 


こころの洗濯も出来

楽しいひと時

こんな時間を持てることに感謝です

ありがとうございました。


posted by えんじ at 10:00| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

友人の病 ショックでどうしてあげたらいいのだろう

近所に住む 子供たちが同級生のよく言う

 

ママ友と今は言うのだろうか

 

次男と娘が同級生のお母さん

 



私より年齢が3歳下

 

でも生まれが東北と言うことも有り

 

なぜか意気投合した

 



彼女も娘さんが後天的な障害をもってしまった

 

同じように悩んでいた

 

けれど 悩みは違えど

 

思いは同じで 何でも話せる

 

気持ちを許せる仲になり

 



私はどれだけ助けられたか計り知れない

 

いつも話を聞いてくれて アドバイスをくれる

 

ほんとに頼りになる 生涯の友だと思っている

 



その彼女が病に倒れた

 

なんで こんなことになったのか

 

子供たちも成長して 一安心の時に

 



私が姑の介護中は 自分がその立場になったらアドバイス頼むよ

 

なんて言っていたのに

 

彼女が姑さんの世話になるようになってしまった

 



なんて ことに

 

私に何ができるんだろう

 

人に面倒をかけられるのが嫌な彼女だけど

 

私に何が出来るんだろう

 

どうしたらいいのか

 



悲しく さびしく 自分が情けない・・・・・・






posted by えんじ at 22:29| 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

パートデビュー 黒糖饅頭を作る工場へ

5年間 介護した姑を看取ったら

私は好きなことをするからね とよく家族に言っていた

嫁いでから ずっと親の言うことを聞いて

専業主婦をして暮らしてきた

友人や近所の嫁さんたちにも

「よく一日中 親と一緒で平気ね」と言われたものです

その家には その家の暮らし方がある

円満に暮らして生きたいと思えば 

我慢することも 多々ある


子育てもひと段落  親を送ったら

パートに出たいなと思っていた

家族は本気でないと思っていたようだ

2012年10月 姑は静かに 93歳の生涯を終えた

私はまだ? もう?53歳

パートに出るには遅い年齢

仕事も選べないだろう


でも 食品を作る工場やお店で働いてみたいと思っていました

四十九日も終え 年が明けて 2013年1月 

パート先を探し始めました


家族は 少し休んでからでもいいんじゃないのと言ってくれましたが

53歳の私は 少しでも早く探さないと思っていました


有言実行を証明するためにもにパートにでました

子供たちに 口だけと思われたくないと思ったから

少しでも老後の資金にしたいと思うから

正直 ドキドキと不安の毎日



小さな工場ですが 雇ってもらう事ができました

今はパート5人(女性 平均年齢46歳) 社員一人(工場長)

仕事は重い 熱いのきつい仕事ですが

和気あいあいの職場です








posted by えんじ at 23:58| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

健康が一番と再認識

先日MRIの検査を受けてきました。

一週間後の検査結果で
普段の生活に支障が出たら手術を考えましょう
とのことでした。

出来れば入院も手術のしたくありませんから
とてもホッとしました。
 
結局は今回のあの痛みは膀胱炎だったようで
怖い思いをしました。

どうしても自分は家族が先で
何でも後回しにしてしまいますが
その代償は結構大きいもので
自分も大事にしなければいけないと
しみじみ思いました。

お母さんはいつも元気!!
これが家族にとって一番という事のようです。

ポチッとblogランキングへ


posted by えんじ at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

体調を崩してしまって

すっかり秋になりました。

ずっとここ1年ほど体調が悪くスッキリしない日々でした。
右下腹が痛くて鎮痛剤を飲みながら抑えていましたが
2週間前どうにもう我慢できず
婦人科にしようか内科にしようか迷いながら
何年かぶりで婦人科に行きました。
いくつになってもいやなものです。
そろそろ更年期でお世話になるのかなと思っていましたが
とうとう行ってきました。

診断の結果
筋腫が12センチと大きくなり
卵巣が子宮に癒着しているらしいと
総合病院での検査となりました。
子宮内膜症による卵巣脳腫だそうです。
痛みがひどくなければ様子を見ましょうと

がん検診と血液検査をして
帰宅しましたが
2日後また右下腹の激痛と冷や汗吐き気
どうにも我慢できず休日の夕方でしたが
主人に病院へ連れて行ってもらいました。

検査の結果
痛くて苦しんでいる私でしたが
お医者様の淡々とした診断
膀胱炎とのこと薬をもらい帰宅
”こんなに痛いのにこのまま帰るの?”
思わず看護師さんに
”薬を飲めば痛みは取れますか”と聞いてしまいました。
看護師さん
”薬を飲んで水分を沢山とってください”と気の毒そうに

激痛のまままた車にのり帰宅
途中でポカリスエットを買い、薬をのみました。
ですが帰宅後すぐに吐いてしまい
”うわぁ〜薬も出ちゃう〜”と涙・・・。
4時間後もう一度飲んで
ようやく眠りにつきました。

昨日がん検診と血液検査の結果を聞きに行ってきました。
がんでは無かったようです。
ホッ ^_^;

やっぱり無いだろうと思っていても結果を聞くのは怖かった。
血液検査はやはり貧血があり薬がでました。

次回はMRIの検査です。
卵巣に何も無い様祈るだけです。
検査の結果によっては手術だそうです。

自分では貧血の自覚は無かったけれど
血中には鉄分が少なく子宮内膜症の数値が出ているそうです。
普段だるく軽い立ちくらみがする感じがしたのは
貧血のためだったようです。

我慢するだけ我慢してしまいましたが
代償が大きいです。
普段の健康診断はとても大事ですね。



posted by えんじ at 11:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

このやる気の無さは何なんだろう

最近の私は何も手につかない状態。
パソコンを覚えて5年になります。
最初は次男の不登校についての情報を集めるために
使っていました。
沢山の情報の中にも自分に当てはまる情報は無いのです。
似た様な例はいくつかあっても納得できるような感じでは
有りませんでした。
そんな中で一人ひとり違うことに改めて知らされました。
私の経験もひとつの例でしかないということです。
それでも苦しんでいる方は居るだろうと
私の体験を自分に対しての記録のつもりで書き始めました。

いつしか次男が購入したゲームソフトやCDを
オークションで売り始めたことをきっかけに
私もオークションを利用して生地(服地系)を出品しはじめました。
仕入先もネットで探し何とか見つかりはじめて3年ぐらいでしょうか
雑誌や書籍で本を探すのが好きなので見ているうちに
アフィリエイトに出会い、楽天で手芸の店を始めました。
けれど何かと中途半端である程度のところまで行くと
ステップアップの段階で足踏み状態です。
今まさにその状態。
家計のためも有りますが自分のやりがいを見つけたいのが
一番で、なのに今、手につかない状態で何をしても
疲れただるい感じになってしまいます。
だからオークションも休止状態。続けることに価値があるのに
わかっているけれどやる気が起きません。

娘がHPやオークションを手伝ってくれるので
やる気の起きない私を見て
「好きなことからはじめたらいいのよ。」と言いますが
「私の好きなことって何なんだろう?」と
また考え込んでしまうような状態で
ほんとに私の好きなことってなんだろうと

オークションでアンティーク物を扱う友人に
「ご主人がいてやってもやらなくても困らないからやらなくてもいいのよ」と
きつい言葉を貰いました。そんなことは無いのです。
子供達は大きくなってもお金は小さい頃より大きな金額でかかります。
いくらあっても足りない状態です。
冠婚葬祭の義理も歳を重ねると額が大きくなります。
人は本当に一生気が抜けないと思います。
自分のやりがいのすべを見つけたはずなのに
どうしてこんなにやる気をなくしてしまったんだろうか

最近子育て本でとても良い本を見つけました。
この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ。1260円
「子供を守ろうとするならまず、お母さんを支えなければなりません。」
この副題はその通りです。
お母さんが元気でなければ子供も元気になれません。
でも空元気ではお母さんが辛いのです。
そんなお母さんのためにお父さんやおじいちゃん、おばあちゃんにも
読んで欲しい一冊です。綺麗な花や可愛い動物の写真も掲載されています。
本文から
☆今からできるお父さんの子育て
「まずはお母さんの育児の悩みに耳を傾けることから」
☆おじいさんおばあさんからのサポート
「おまえも大変だな。身体に気をつけろよとまずは
今の辛さをわかってやってください」
この他に子育ての悩みの相談例などが掲載されています。



posted by えんじ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

あの頃の私

今日は少し自分の事を書いてみます。


主人は派遣社員という不安定な収入で
私は運転免許もないということで家で義母と
洋服のまとめの(ボタンをつけたりしつけをしたり)仕事をしていました。


以前独立してソフトハウスをしていましたが
上手くいかず購入したパソコン代とかが借金で残っていました。
余裕の無いぎりぎりの生活で両親と暮らしていなかったら
とうに 夫婦喧嘩をして別れていたかも知れません。


そんなぎりぎりの生活だから3人も子供が居たら
思うようにように流行のものも買って上げられません。

次男の友人達は裕福らしくゲームや外食と派手な暮らしぶりで
お下がりを着せられていた次男にはうらやましく見えたかもしれませんね。

今の時代です。そんなことも子供達には負い目かも知れませんね。
そんな生活でしたが次男は大人しいのですが何かと活発な方で
友達も多く、クラスの中でも信頼が有る方で好かれているようでした。
それだけに


「学校へ行きたくない」と言われたときは「ハッ」としました。
それでもけして何も言わない子なんです。

先生からも環境が変わると気持ちも変わるといわれ
旅行とか買い物とか外出をアドバイスされましたが
そんな余裕は有りません。


物は考えようで何も買わなくてもと思いますが
出かけることに余裕が無いのです。
それほど緊迫した家計だったのですが
先生にはそんなことは言えませんでした。

幸か不幸か義父が胃がんで入院しましたから
それを理由にしてしまいました。
そうそう義父が入院したのでした。胃がんも末期でした。


テレビのドラマでよく見る光景が今自分の目の前で
医師が話しているんです。
不登校も他所の世界のようなまさか自分にと言う感じです。
それが自分に降りかかっているんです。

幸い入院費とかは両親が自分達で負担してくれましたので
私たちは逆に食事代を出してもらったりガソリン代を出してもらったりと
助かりました。それでも細々した事に入院というのは掛かる物です。

ほんとうに「なぜ私に、どうしてこんな事に」と呆然としました。





posted by えんじ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

今日は節分寂しい豆まき

これから娘と豆まきです。いつまで一緒にしてくれるでしょう。

私のパソコンデビューは次男の不登校がきっかけ
主人がシステムエンジニアで家にパソコンが
有るのはあたりまえのような家庭で
でも主人以外は誰も興味をもたない。
私も仕事を手伝ったりしたがWindowsが出る前なので
操作がめんどくさく覚える気にはなれなかった。
主人は仕事が忙しく茨城から東京まで通勤。
子供達とはあまり会話が無かったかもしれない
そんな家族は今は娘はウエブデザイナーを夢見て
まずは高校受験にチャレンジ
次男は定時制だが1年遅れて高校に入り自動車整備士を
夢見ている。
私はオークションやアフィリエイトに興味をもち
自立できたらと考えてがんばっている次第。
長男は埼玉で独身貴族と行きたいが少々難問を突きつけてきた。
子供はなにかと難問を投げかけ中々楽にはしてくれないようだ。

ではまた明日。

************************
本日の購入雑誌
おはよう奥さん 540円 昨日のからの合計1720円
月初めはなにかと雑誌に目が行くのです。


posted by えんじ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。