2005年08月25日

”甘え””甘やかす”って

次男に”学校へ行きたくない”と言われ
一番、判断に困ったのは”甘え”や”甘やかす”という事。


主人ともずいぶん意見が食い違いました。


主人は「甘えでないとしてもここで強い態度が必要」と

気持ちのどこかに「”なんとかなる”がある」と

そうですよね、そう思えてもしかたないです。


朝は起きないし、休みと決まると普通に生活してるし
誰が見てもずる休みに見えるし

この時間を通り抜ければ何とかなると思っていると
思えました。

「明日は行くよ」というのです。
でも夕方から夜に掛けてまた暗く、イライラしてるんです。

何度、学校へ行かないという事がどんなに自分にとって
大変な事か説得しても

どんなに怒っても
無理やり学校へ送っても


本人が黙るばかりでどうにもなりませんでした。

主人も困り果て

「1日、休めば次の日が気まずく結局行けなくなる」と
「続けて休ませてはダメだよ」と
私もそう思いました。


自分も風邪で休んでも休んだ次の日は普通に
気まずい感じで行きづらいものでした。

保健室登校や部活だけの登校
午前中だけの登校
2・3日、登校したら1日休んだらどうかと
担任の先生からも色々選択を出してもらいました。


1・2日は登校しましたが
やはりだめなのです。

ここで母親が強く出るべきなのでしょう。

主人の両親と同居の私は両親の手前、次男を叱り
登校させようとしました。

でも、気持ちは「こんな事をしても行くわけがない」と
思っているんです。

わかっていながら怒る私は最低です。


こんな毎日の繰り返しなんです。
家族の中も口数がすくなくなりました。

この状態で学校を休ませるのは甘やかす事になるんでしょうか?

少なくとも次男は何かが原因で心が病んでる。

誰にも話さず自分の気持ちの中にしまったままで

その事でまた主人と意見の食い違いです。

「誰しも悩みを抱えて生きてるんだ」と
「学校へ行きたくないということで逃げてたらどうする。」と
その通りなんですが、

人が皆、耐えられるものではないと思いました。
いろんな思いがあるから、計り知れないと思うのです。

次男を元気にしないと!!
私にはこれしかありませんでした。
家族もおかしくなると思いました。

主人に「心が元気にならないと何も出来ない」と訴えました。
かっこいいような言葉ですが

私は毎日次男を見ていてそれしか考えられませんでした。

心が元気になれば考える力も出来る

行動する事が出来れば自信もつくと思ったのです。

単純ですが。

”甘え”や”甘やかす”ことに悩むよりも

子供を信じる事に努力しようと。

危なっかしく頼りない
まだまだ子供と思っていますから

信じるという事はたやすい事では有りませんでしたが
親も苦しんで変わらないと思ったんです。

子供を信じてみようと思ったときに
”甘え”や”甘やかす”という言葉が気にならなくなりました。



posted by えんじ at 12:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね〜σ(^◇^;)
甘やかしてるって言葉になんだか敏感に成るって言うか。。。
甘やかしてると思われたくないってのどっかにありますね(^_^;)
だから、旦那が居ると意識したりして…
で、なんかイライラして…
なんかそういうのあります。
Posted by あやぴ☆彡 at 2005年08月26日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。