2014年11月23日

居場所が必要とよく言うけれど どう考えればいいのか

不登校を考える子は

自分の気持ちは誰にもわからないと思ってしまう


なんでも話せる友人が側に居たり

親身になってくれる兄弟 姉妹が居たり

親 祖父母に話せる子は気持ちも楽になるでしょう

中には 誰にも話せない話さない子が居ます


家の子たちもそんなこだったかもしれません

理由を聞いても泣くばかり

結局 今となっては わかりません

こうだったのかな〜 と想像するばかり


本人は一生忘れることはないのでしょう

解決しないことでトラウマになっているかもしれません


ですが 親が 医師が 教師が 話を突き詰めることで

必ず解決するというものではないと思います

やはり 本人の想いなのだと思います


私はその想いに勝てるのは 

自分に自信を持つことなのではと思いました

自分で考え行動し 得た結果で考えまた行動し

少しづつ 前に一歩づつ 歩む これで良いと思いました


そのために まず 2つ

家に 安心して居られる様にすること

家族の理解を同じにすること

この2つを親として 努力しました


今 思えば当たり前のことで

なんてことないことですが


家に安心して要られないと 家出や 非行につながり

家族の理解がないと 家の中が暗くなる

そう 思いました


そうすることで 安心して考えられる

居場所が出来るのかなと思いました








posted by えんじ at 12:33| 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。