2005年05月24日

不登校の原因

今日は娘の登校日
いつもの電車より2本遅い電車で行きました。
授業に間に合うようなら毎回この電車にするようです。
先日の日記に書いた、仲良く出来ない友人との
距離を置くための娘の小さな抵抗です。

どんなアドバイスをかけても
「こう言われたらどうするの?」と言うように
次から次と考えがめぐります。
友人関係が原因で不登校になった娘はきっと
大きな不安にかられているでしょう。

娘は小学校からとにかくいつも一緒の友人がいました。
家庭事情に少しごたごたがある家庭の子で
同級生のお母さん達にも
「大丈夫なのあんなに仲良くしてて」と言われるほど
二人いつも一緒でした。
私の印象は暗い感じで大人しいと思っていました。
自分から行動するというより人について行くという
感じの子の様に見えました。
いろいろ有って中学はクラスや部活が違えばよいなと
親心に思っていましたがすべて一緒になってしまいました。
2つの小学校が通う中学ですので
大体半々くらいに同小学校の生徒の割合です。
入学したばかりだから仕方ないかと思いましたが
別の小学校の子と娘達と3人が同じクラスで
部活を通じて話すようになり仲の良い子が
新しい友人と娘より親しくなり何が原因かわかりませんが
娘を無視するようになりました。
影でひそひそ話をしたり陰湿な感じだったようです。
保育園の頃から一緒で信じて親友と思っていた
友達に裏切られて気がしたのでしょう
もともと娘の学年はいじめが多く
いつもごたごたしていました。高学年の頃は
「もう、ごたごたは沢山」といっている時も有りました。
いろんな要因が重なり娘はもう我慢できなくなったようです。
登校を渋るようになりました。

原因がはっきりしてるので
対処は出来るのですが
何とか娘の気持ちの中で解決して欲しいと願い
学校には言いませんでした。
ですが益々落ち込むばかりで
担任の先生に相談した次第です。
体育選考の男の先生でまじめな教師でした。
先生の出してくださった解決方法は
本人同士直接話し合わせるというものでした。
残念ながら私達には受け入れることは出来ませんでした。
直接対決できるならこんな苦労はしていません。
話し合って先生が間に入り解決したとしても
子供社会は甘くは有りません。
そこからまた新たな嫌がらせに入るのです。
まずは双方一人ひとり先生に面接をしてもらいました。
親友だった子は認めましたが
もう一人の子は「そんなことは有りません」と否定しました。
まずは先生が双方にそのようなことが無いように仲良くするようにと
促し話は終わりました。
ですが娘の気持ちはまだ癒されず学校へ行こうとはしませんでした。
人が信じられなくなっていたのです。

女の子同士とは難しい物ですね。
なかなか一人でいるということは無く
何人かのグループで行動することが多いようで
その中に入っていないとクラスの中でも居ずらいみたいな
変な空気が漂うようです。
そんな思いは私もしてきたような
大人になっても同じような気がします。

だから今の娘には自分らしく負けずにがんばって欲しいです。

************************************
最近子育て本でとても良い本を見つけました。
この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ。1260円
「子供を守ろうとするならまず、お母さんを支えなければなりません。」
この副題はその通りです。
お母さんが元気でなければ子供も元気になれません。
でも空元気ではお母さんが辛いのです。
そんなお母さんのためにお父さんやおじいちゃん、おばあちゃんにも
読んで欲しい一冊です。綺麗な花や可愛い動物の写真も掲載されています。
本文から
☆今からできるお父さんの子育て
「まずはお母さんの育児の悩みに耳を傾けることから」
☆おじいさんおばあさんからのサポート
「おまえも大変だな。身体に気をつけろよとまずは
今の辛さをわかってやってください」
この他に子育ての悩みの相談例などが掲載されています。


posted by えんじ at 08:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 娘のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ(^o^)
女の子同士ってホントいろいろあるんですよね(・・;)
うちは小6ですが、しょっちゅう、誰々が無視したとかしてるとか…ムカつくとか(笑)
でもまた、引っ付いて遊んでる…
男の子でも陰湿な子とか居るんですよ〜(^^;
鞄隠したり、靴隠したり(爆)
娘さんも何とか乗越えて欲しいですね。
Posted by あやぴ☆彡 at 2005年05月24日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。