2013年09月30日

親の子への大きな期待

娘は小さい頃から 自分と言うものがあったように思う

小学校の頃から 将来の自分を考えていたり

ひとつのことに興味を持つと 突き進む的な

大人しいようで 芯があるような 気がしました



次男の不登校に対しても

自分なりに考えを持っていたようにも思いました


なので娘に 学校へ行けないといわれたときは

正直 私はショックでした

なりに 勉強もできていたので

個性的な性格も合ったけど そこが将来おもしろいかもと

ちょっと期待していました


でも それは親の気持ち

子供には ぜんぜん関係の無いこと


同級生の 人間関係に もう嫌!って思った

そこが 彼女の性格なのだろう


ああ どうして とおもうけど


娘は娘 

私の将来ではない


確かに親がそこで諭すのでしょうと思うでしょうが

もう この時点で 娘は聞く耳をもっていないのです

受け入れることが 先決


日々の折に触れた 話の中で 話していくようにしましたが

娘はどう 聞いていたのでしょうか


子育て中は

親の期待は あまり前面に出さない方が

子は のびのび 考える力を出すように思う







posted by えんじ at 11:00| Comment(0) | 娘のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。