2013年09月29日

お母さん 悲しい顔をしてないですか 怒ってないですか

親なりに 悩み 悩んで

どうにもならない 

だから 腹がたつ


お母さん どうしよう と 悲しい顔をしてないですか

大丈夫 子供は親が思うより強いんです


子供たちはお母さんの悲しむ顔を見たくないんです


いじめで自殺する子は どうしてなんでしょう

なぜ 親に話せなかったんでしょう


きっと 親に自分がいじめられて居ることを

話せば 親が親自身を攻めるとか

悲しむとか 

あるいは

自分のこの辛さは 自分が弱いからとか


本人だけで 考えて解決してしまっているかもしれない


確かに 干渉しすぎるのもいけない

うるさいよ と言われるし


だから 親の話を聞くという姿勢がとても大事


話をまず聞いてもらえるという 環境が大事

これは不登校の子だからとかいうことではなく

常日ごろから


どうせ 話しても と言う 親の日ごろの態度が

子供の話す機会を逃す


仕事で忙しい 疲れてる

あなた達 子供のために働いているのよ

子供にすれば 頼んでないよ

そんな 感じになるんです


親の気持ちも大事

なぜ 働いているんか 

子供たちのことを どう思っているのか


子供たちにとっても そのような親の気持ちを聞くことは

大事なことなんですね


出来れば お母さんはいつも 冗談を言って笑っていて欲しいです

出来れば何気なく言った 子供の言葉に気がつくような

見守りがあってほしいです


辛いときだからこそ

私は泣くのは やめました 一番子供が心配するから

でも泣きたくなるし 涙も出ます

泣くと気持ちが軽くなることもあります

子供の前では泣かないように 笑っているようにしてました









posted by えんじ at 22:00| Comment(0) | 今日のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。