2013年09月15日

親は試されている と言う忘れられない一言

 

当時の次男の校長先生に言われた

 

忘れられない一言

 

毎日が変化がなく このままで本当に良いのかと

 

悩んでいたころ

 

自分の気持ちの中では それもしかたないと

 

そんな 劇的変化などそうはない と思う気持ち

 

それじゃ いけない と思う気持ち

 

ゆれた気落ちの私に 校長先生は

 

「親は試されているんですよ」と

 

衝撃的で大きなプレッシャーで

 

一番 辛い 言葉

 

きっと 私の気持ちの中にも

 

そんなニアンズの言葉が浮遊していたかもしれない時

 

やさしい思っていた校長先生に

 

初めて 厳しいなあ と感じた一言でした

 

今 子供が苦しんで居て 誰かに助けを求めている


身近に居るのは 今は家族 

 

親は 自分を助けてくれるのか

 

助ける =まずは登校できない自分を理解してくれること

 

そして

 

これからどう歩んでいけばいいか 一緒に考えてくれるのか

 

本人にとって そこが一番不安だったでしょう

 

親も最大限の努力をして

 今 できうる限りのことをしないと 思った次第です


当時の思いの記事はこちら ↓

我が家にワンコがやって来ることに

posted by えんじ at 19:59| Comment(0) | 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。