2013年09月04日

いじめの問題について思うこと

うちの子達は いじめの対象になったのか

それはわかりません

 

娘の場合は いじめと言われればそのような気もします

小学校からいつも一緒で仲のよかった子が

中学に入り別の友達と仲良くなり その子の支持で

娘を無視するようになった

 

娘は無頓着なところがあるので なぜそうなったのか

わからず 人がしんようできなくなった様な気がする

本人は そうは言わないが 

親にはそう見えたのです

 

マスコミで報道されているようないじめではないが

娘の場合も一種のいじめに思う

 

よく いじめる方もいじめられる方もそれなりに悪いみたいな

言われ方をする時があるが私はそうは思わない

 

いじめられる側がおとなしいから やられっぱなしでいるから悪い

そんな言われ方 憤りを感じる

 

意味もなく ただ弱いから いじめやすいからといじめている方が絶対に悪い

 

気が弱いから おとなしいからやられっぱなしだから やさしすぎるから

これのどこが悪いんですか?

 

いじめる側の子は やはり 問題行動だと思います


家庭 学校ともに考えるべきです。


親御さんは信じがたいでしょうが


現実を受け入れるべきです 早い解決はそこからだとおもいます

 


次男や娘が通った 小中学校はクラス数も少ない小さな学校ですが


明らかにいじめっ子はいます。 申し訳ないですが


その子の親御さんも私から見たら 


子供がいじめっ子になってもしょうがないかなと思いました

 

そうでない場合もあります

親がなにか家庭に重大な問題を抱えている場合もあります

 

ひとつの例は親が忙しすぎてイライラした場合子供にあたる

あたられた子供もまた気分が悪く イライラしてあたるところを探す

その悪循環のケースもあると思います。

 

特に中学生は 朝 早くから夜(部活のある子)まで学校に居て 

その後 塾へ行って 帰ったら 学校と塾の宿題

 

子供たちは家に居る時間がない 家でのしつけの問題もあるかもしれないが


学校も その長い時間の間の集団生活における子供たちのあり方を


もっと考えてほしいと思います!




posted by えんじ at 21:43| 今日のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る



にほんブログ村 子育てブログへ
RDF Site Summary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。